みなさんこんばんは!

今日は2003年に公開されたディズニー映画トレジャープラネット(Treasure Planet)より主人公ジムのテーマI'm still here をご紹介します!

IMG_3247


トレジャープラネットと聞いてもピンとこない人は結構多いのではないでしょうか?

私自身も存在は知っていたのですがなんとなく難しそうで10代の後半になるまで見たことはありませんでした。

宝島を初めて読んだ時、今の小説にはないくらいのドキドキして、その直後にトレジャープラネットは宝島の舞台を宇宙に移したものだと知り、初めて見たのですが今では大好きな映画で、個人的にはポカホンタスと同じくらい過小評価されていると思います。

登場人物の名前や物語の進み方は原作のままに、ディズニーの要素を加えていて、それでもどこかディズニーらしさを感じない大人っぽい作品なのが斬新な物語です!
けれどポカホンタスに比べると笑えるシーンもあるかなっと思います!

まず軽くあらすじを紹介しますね!

モントレッサという惑星に住む15際の少年ジム。彼はとても賢い少年だったが、幼い頃父親が家を出て行った影響で自分を見失い非行行動を繰り返していた。

ある日ジムは墜落した宇宙船の中から搭乗していた老人を救おうとするが、彼は「サイボーグに気をつけろ」という言葉と 「トレジャープラネット」への地図をジムに託し、息絶えてしまう。

子供のころからトレジャープラネットの伝説を信じていたジムは 宇宙船R.L.Sレガシー(レガシー号)その乗組員(とっても胡散臭い)と共にトレジャープラネットを目指す。

女性船長アメリアの命令で船のコック兼サイボーグの「シルバー」に弟子入りして働くことになったジムは最初はシルバーを怪しみながらも徐々に家を出た父親の面影を重ねて打ち解けていく。
シルバーもジムに対して父親のように接してしまう自分に戸惑いながらもジムを息子のように思い始めるが、シルバーは実は海賊の頭だった。
そしてやっとたどり着いたトレジャープラネットにも想像を絶する秘密が…


この映画にはヒロインは登場せず、テーマも父親と息子(血は繋がってない)に焦点を置いているところも他のディズニー映画とは違う紅一点といった作品です。

IMG_3248


ジムの性格もディズニーにしてはかなりシリアスなところがありますが、同時にとても共感しやすいキャラクターでもあります。
I'm still hereはまさにジムの心の叫び、セリフにはなっていないけどジムはずっとこんな風に考えてきたんだ。と考えさせられる曲です

それでは長くなりましたが和訳をどうぞ

I am a question to the world
not and answer to be Heard
俺はこの世界に対する答えのない問いかけ

or a moment that's held in your arms
もしくは腕に抱かれたその瞬間だ

And what do you think you'd ever say
今で俺にどんなこと言ってきたと思ってる?

I won't listen anyway
まあ元から聞いてないんだけど

you don't know me
俺のことなんかわかってないだろ

and I'll never be what you want me to be
だから俺は絶対に君が望む"俺"にはならない

and what do you think you'd understand
俺の何を理解したって?

I'm a boy no, I'm a man
俺は少年じゃない、男だよ

You can't take me and throw me away
君には俺を捕まえることも捨てることもできない

And how can you learn what's never shown
一度も目にしたことないものをどうやって学ぶんだ?

Yeah you stand here on your own
そう、自分の足でしっかり立ってみなよ

They don't know me
誰も俺のことを知らない

Cause I'm not here
だって彼らにとって俺は存在してないから

And I want a moment to be real
夢が現実になる、そんな瞬間が欲しい

Wanna touch things I don't feel
感じたことがないものに触れてみたい

wanna hold on and feel I belong
しっかりしがみついてここが俺の居場所なんだと感じていたい

And how can the world want me to change
世界は俺にどう変わって欲しいって言うんだ?

They're the ones that stay the same
自分たちこそ変わることなんてできないくせに

They don't know me
誰も俺のことを知らない

Cause I'm not here
だって彼らにとって俺は存在してないと同じだから

And you see the things they never see
誰もみたことのないものが君には見える

All you wanted I could be
君がなって欲しいと言ったものに俺はなるよ

Now you know me and I'm not afraid
君が俺のことを知ってくれてるから俺はもう恐れない

And I wanna tell you who I am
本当の俺が誰なのか教えたいんだ

Can you help me be a man
一人前の男になるのを手伝ってくれる?

They can't break me
誰も俺を止められない

As long as I know who I am
俺が本当の自分が誰なのか知っている限り

And I want a moment to be real
夢が現実になる、そんな瞬間が欲しい


Wanna touch things I don't feel
感じたことがないものに触れてみたい

wanna hold on and feel I belong
しっかりしがみついてここが俺の居場所なんだと感じていたい

And how can the world want me to change
世界は俺にどう変わって欲しいんだ?

They're the ones that stay the same
自分たちは変わることができないくせに

They can't see me
あいつらには俺は見えない

But I'm still here
だけど確かにここにいるんだよ

They can't tell me who to be
どんな人間になれなんて指図は受けない

Cause I'm not what they see
だって本当の俺はあいつらが見ている俺とは違うから

Yeah, the world is still sleeping
While I keep on dreaming for me
俺がまだ見ぬ未来の夢を描いている間、世界はまだ眠り続けている

And their words are just whispers and lies
That I'll never believe
聞こえてくる言葉は全部ただのひそひそ話や嘘だ
俺はそんなもの信じない

And I want a moment to be real
本物になる瞬間が欲しい

Wanna touch things I don't feel
感じたこともないものに触れてみたい

Wanna hold on and feel I belong
しっかりしがみついて、俺の居場所はここだって感じていたい

And how can they say I'll never change
彼らは言う、俺は決して変われないって

They're the ones that stay the same
それはあんたたち自身のことだよ

I'm the one now
今は俺が変化する番だ

Cause I'm still here
だって俺は今ここに存在してるから

I'm the one
そう俺は変化しているんだ

Cause I'm still here
だって俺は今ここに存在してるから

I'm still here
俺はここにいるんだ

I'm still here
俺はここにいるんだ

I'm still here
俺はここにいるんだ